カナダ・バンクーバーの格安留学を徹底的にサポートしています!!【 現地無料サポート・語学学校割り引き 】
[php snippet=1]
pink-maple

なぜカナダ・バンクーバーがベストか!?

留学する場所をどこにしようか?
ワーキングホリデーをしようと思っているけど、カナダとオーストラリアどっちがいいの?と迷っている方も多いと思います。
英語を勉強する環境はカナダのバンクーバーがベストです。なので当ウェブサイトではバンクーバーに絞って、専門にしています。 アメリカ・カナダ在住経験があり(イギリス・オーストラリアも旅行経験アリ)、バンクーバー留学・ワーホリ.comのエージェントである、こーきが実体験と客観的データに基づき、説明していきます。

pink-maple

世界住みやすい街ランキング1位

2012年8月、イギリスの経済誌「エコノミスト」が、2012年版の「世界で最も住みやすい都市」ランキングを発表し、カナダのバンクーバーが5年連続の1位になりました。
世界が認めた、名実ともに客観的データに基づく『世界で最も住みやすい都市はカナダ・バンクーバー』なのです。
・ロイター通信:世界一住みやすい都市はバンクーバー、大阪12位=調査
・All About:世界一住みやすい都市への留学
・世界一住みやすい都市「バングーバー」を薦める3つの理由

pink-maple

治安がとても良い

海外留学やワーキングホリデーにとって最も重要なミッションは「命を落とさずに無事に日本に帰国する」ことです。
何が起こるか分からない海外において、危険のリスクを下げて、ご両親に再び元気なお顔を見せましょう。

バンクーバーは女性が深夜に1人で歩いても基本的には問題ありません。強盗やレイプと言った類のことはまず聞きません。以前住んでいたロサンゼルスでは暗くなったら、徒歩や地下鉄は使わずにタクシーに乗りなさいが合言葉だったので、バンクーバーで夜に女性が普通に歩いているのを見て、衝撃に思ったくらいでした。

カナダは経済的に豊かで貧富の差が少ない国なので、日本と同じくらい治安が良いのです。
※但し、ホームレスがいたり、チャイナタウン付近は治安の悪い所もありますので、近寄らないように!!
無料相談してくれた方には必ずお伝えしています。

pink-maple

英語の発音がキレイ

カナダの英語は本当にキレイです。 英語の勉強をスタートするのに変なクセが付いたら、後々矯正するのに困ります。悪い言い方をしたら正直かっこ悪いです。。。ですから金銭面は分かりませんが、オーストラリアのワーホリやフィリピン留学などで訛った英語を勉強するのは勿体無いなぁと個人的に思っています。(もちろん目的次第ですから短期集中や超格安、発音は悪くても伝わる英語と目的に最適化している方は魅力的だと思います。)結局の所は何がやりたいかですが、どうせやるならキレイでカッコイイ英語環境で勉強しましょう。

個人的な感覚ですが、バンクーバーが西海岸に位置していること。西海岸は中央部や東海岸に比べて聞き取りやすいです。バンクーバー・シアトル・ロサンゼルス・サンフランシスコはクリアですが、トロント・ニューヨーク出身者の英語はスラングが多かったり、のどから話すような話し方をする人がいるので、難しいですね。 さらにロサンゼルスに住んでいた時は全く訛りないなぁ~と思っていましたが、バンクーバーに来た途端「いきなり英語上達したんじゃないか」って錯覚するくらい聞き取りやすかったのでビックリしました。アメリカは西海岸でも黒人系やメキシコ系が多く、発音がキレイと言われててもバンクーバーには劣ります。 カナダは伝統的なブリティッシュイングリッシュと新しい英語であるアメリカンイングリッシュが融合していることと、白人系が多いからだと分析しています。

さらに語学留学の街として定着しているので、英語の学校(ESL)のレベルが高い+無料のカンバセーションクラブなどがたくさんある点も魅力です。

pink-maple

フレンドリーで差別が少ない

カナダは移民の国で、特にバンクーバーは西海岸の玄関口なので、アジア人が歩いていても全く違和感なく、到着したその日からローカルの地元民としてなじむことが出来ます。

アメリカにいた時は手続き等で並んでいて、係員が白人と黒人にはニコニコしているのにアジア人である自分の番になったらいきなり無愛想に対応されるといったことは、日常茶飯事でしたが、バンクーバーでは全くそういう思いはしたことがありません。
オーストラリアでもまだまだ差別が残っていて、白人が日本人を含むアジア人へ、生卵やトマトなどを投げつけてくるという類の話はよく聞く話です。

また英語圏共通かもしれませんが、知らない人にも「Hi, How are you?」などとすぐに話しかけたり仲良くなれたりする文化があります。

pink-maple

旅行がしやすい立地

バンクーバーは旅好きな人にはもってこいの場所。
アメリカのシアトルやブリティッシュ・コロンビア州の州都ビクトリアは日帰りで行けますし、数泊すればオーロラが見れるイエローナイフやスキーの聖地ウィスラーや大自然ロッキーマウンテンも堪能出来る。ナイアガラの滝へも同じビザで観光することが出来ます。
さらに日本から行くより安いということで、ラスベガスやグランドキャニオン、ロサンゼルス・ニューヨークへ行く人もたくさんいます。

pink-maple

自然たっぷり、ちょうど良い街の大きさ

バンクーバーは東京や大阪ほど大きくはなく、田舎過ぎるわけでもなく、丁度良いサイズの街です。
人混みやせかせか歩いている人はいませんし、必要な物は一通り手に入りますし、日系・アジア系のスーパーもあります。
また自然も豊富で、水上バスに乗ってノースバンクーバーに行けば、山中ハイキングやつり橋観光。ダウンタウンの外れにはスタンレーパークやビーチで癒されるイングリッシュベイなどがあります。
北にはウィスラーがあり、東にはロッキーマウンテンがあるという絶好の立地です。
また多くの一軒家の周りには綺麗に整えられた芝生があるので、散歩をしているだけでも癒されます。

pink-maple

まとめ

いかがですか? 世界一住みやすい街バンクーバーに住んでみませんか?
カナダ・バンクーバーの留学/ワーキングホリデーに関して、「とりあえず話だけでも聞いてみたいな」と思った方は、ぜひ下のフォームから連絡してみてください。