カナダ・バンクーバーの格安留学を徹底的にサポートしています!!【 語学学校・ホームステイ 】

カナダのワーホリで1年以上滞在する裏技

カナダワーホリ長期滞在の裏技

ワーキングホリデーは1年限定のビザ。
英語習得や仕事ができる期間を増やす意味でも出来れば長期滞在できると良いです。『最大1年6ヶ月滞在できる裏技』を伝授。

スポンサーリンク


pink-maple

働ける期間を伸ばして予算の足しにしよう

ワーホリは1年間働けるビザですが、英語が出来ないと働くことが難しく、語学学校に通って英語力をつけてから働くことになります。

~学校通学期間の目安~
・日本食レストランで働きたい人は3ヶ月間
・現地のカフェやチェーン店の仕事に挑戦したい人は6ヶ月

学校を期間を除くと、働ける期間は6ヶ月~9ヶ月になってしまいます。
そこで裏技ですが、学校期間をワーホリビザの1年間より前に出してしまいましょう。


pink-maple

ビジタービザで入国してワーホリ前に語学学校に行く

日本からはビジタービザで入国しましょう。
ビジタービザは観光ビザと言われるもので、特に手続きも必要なく旅行と同じでパスポートのみ持って行けばOK。ビジタービザは通常6ヶ月滞在が許可され、学校にも行けるビザになります。

注意点としては、観光目的のビザになるので、入国審査の際に、渡航目的は「Sightseeing(観光)」と答えて下さい。間違っても、この後ワーホリしたいなどと言わないように!真面目で意地悪な入国審査官にあたってしまうと、観光ビザが許可されず、ワーホリで入国しなさいなどと言われることもまれにあります。

このビジタービザ期間中、語学学校に3ヶ月~6ヶ月通いましょう。
そうするとワーキングホリデーでは、1年間フルに働くことができますっ!!


pink-maple

ビジタービザで入国→ワーホリへ切り替える方法

ビジタービザ期間中にワーホリビザを申請します(日本であらかじめ申請することも出来ますが、入国日に気をつけてください)。
許可証が届いたらそれを持って、一度国外に出て、再入国します。
日本に一時帰国しても構いませんし、ニューヨークなどに行っても構わないのですが、多くの人はバスで数時間なのでアメリカのシアトルに旅行がてら日帰りか1泊で行って戻る人が多いですね。
カナダへ再入国時にワーホリ許可証を見せれば、ワーホリビザGETです。
(※とてもまれに許可されないこともあります。長年の経験の推測値ですと1%以下ですが、自己判断でご活用ください。)

最大で、「ビジター6ヶ月+ワーホリ1年」の『1年半のカナダ滞在』が可能になります。


pink-maple

ワーホリ1年じゃモノ足りな~い

「ワーホリ1年じゃモノ足りな~い」「もっと長く滞在したかった~」と帰国前に惜しむ留学生がほとんどです。
・働く期間を延ばして、稼いで、予算を少なくする。
・長く滞在して、英語力を鍛える。
・期間を長くして、色々な所に旅行したい。
『ビジタービザで入国→ワーホリ切り替え』の裏技を使って、一生のうちの数少ないチャンスを最大限有意義に活用して楽しみましょう!!



スポンサーリンク