カナダ・バンクーバーの格安留学を徹底的にサポートしています!!【 語学学校・ホームステイ 】

2カ国留学セカンドワーホリは1ヶ月だけカナダ語学学校に行こう

ワーキングホリデー2カ国目

オーストラリアやイギリス、ニュージーランドのワーホリ経験者、
フィリピン短期留学経験者で、2カ国目としてカナダを選ぶ方へのアドバイス。

スポンサーリンク


pink-maple

留学経験者でも語学学校に行くべき理由

留学経験者でも友達づくりや情報交換など、バンクーバーの生活基盤をつくるため、1ヶ月は語学学校に行くことをおススメしています。
英語で仕事が出来るくらい自信のある人は、2ヶ月以上は語学学校に通う必要はないでしょう。


pink-maple

カナダで友達を作ろう!

情報交換が出来る日本人の友人や海外の友人をつくりましょう。
もし学校に行かなければ、仕事が見つかるまでは、ずっと1人でいる可能性が高いです。
仕事探し期間中はレジュメ(履歴書)を出す時間や面接の時間は短く、かなり暇を持て余すことになります。
レジュメ(履歴書)を沢山出しても、まったく連絡が来ないこともあるため、連絡が来るか来ないか不安な状態で、異国の地にて1人でいるのって楽しくないですよね…
また仕事が決まった後も仕事先の人がプライベートでも遊べるフレンドリーな関係になるとは限りません。
やはり学校が友達づくりには最適で、同時期にカナダに到着するかけがえのない友人が出来る最大のチャンスです。


pink-maple

語学学校でアメリカ英語に慣れよう

カナダの英語は、イギリス英語とアメリカ英語の中間と言われているが、ハリウッド映画やUS-POPの音楽が入ってきており、かなりアメリカ英語に近いです。

アジア人の英語には免疫がついたけど、白人の前だと緊張してしまうフィリピン留学経験者、
ブリティッシュイングリッシュに慣れてしまったイギリスやオーストラリアのワーホリ経験者、
まずは語学学校に通学して、北米カナダの英語に慣れましょう。

また日本に帰国してブランクのある方も多いでしょう。
日本に戻ると緊張感が途切れて、けっこう英語を忘れてしまうモノ。

バンクーバーの英語は非常にクリアなので、1ヶ月もあれば、感覚が戻り、北米の英語にも適用できるハズ。


pink-maple

バンクーバーでの生活基盤をつくる

語学学校の授業内の雑談やクラスメートとの会話で、「どこの店が安い」「どこの店がおいしい」「○○の手続きって△△で出来るらいいよ」などと言った生の情報が手に入ることになります。
モチロン、当サイトの留学サポートでもアドバイスはしておりますが、一緒に行く機会や、同じ到着したばかりの友人の感覚など、学校の友達でないと得られない情報や経験は沢山あります。


pink-maple

バンクーバー生活を最大限楽しむための語学学校

「また学校かょっ」「もう行ったしな~」という気持ちを持っている人も多いとは思いますが、
1年ワーホリする人は12ヶ月のうちの1ヶ月ですから、
バンクーバー生活を実りあるものにするため、焦らず、着実にいきましょう。


pink-maple

”無料”で海外旅行保険がついてくる楽天のクレジットカード

楽天カード は無料で海外旅行保険が付いてきます。
ケガや病気にかかっても、最大200万円まで保障してもらえます。

条件は、出発前の自宅〜空港への交通費を楽天カードで払うだけ。
お申し込みはこちらのバナーから簡単に出来ちゃいます。


スポンサーリンク