カナダ・バンクーバーの格安留学を徹底的にサポートしています!!【 語学学校・ホームステイ 】

海外留学保険・海外旅行保険の安いプランの選び方

海外留学保険

ワーキングホリデーや語学留学を検討している人にとって、よく分からないのが保険。
おすすめの格安保険プランを分かりやすく説明します。

スポンサーリンク


pink-maple

留学生ほぼ全員が保険に入っている

ワーホリや語学留学に行く人ほとんど全ての人が加入申込みをしている。
日本では国民健康保険や会社からもらう保険証により低価格で病院の治療を受けることが出来ますが、住所を海外に移すと同時に保険からも脱退することになり、無保険状態になります。
カナダは医療費が高い国で、風邪レベルでも数万円、入院や手術で数十万円~数千万円かかることがあり、たとえ可能性が低くても、それを全額払う状況は避けたいですよね。
なので民間の留学用の保険に加入する人がほとんどです。
オススメはしませんが、、、たま~に「俺/私は絶対カゼも病気もケガもしないから、保険に入らない」という猛者もいます。


pink-maple

保険の相場は1年間で約7万円~15万円

ワーキングホリデーや語学留学の保険は、海外旅行保険や海外留学保険と言われているものになります。

参考までに代表的な保険会社はコチラ。
AIUの海外留学保険
三井住友海上保険


pink-maple

どれくらい保険をかけるかが重要

どの会社が特別に格安と言うことはありません。どれくらい保険をかけるかが重要です。
ケガや病気をした時の補償額と月々に支払う料金は比例します。
(分かりやすく例えると、
月々1,000円払うならケガをした時に1万円まで保障してもらえる、
月々1万円払うならケガをした時に10万円まで保障してもらえる
というような料金設定がされています。)

心配性な方はたくさんかけるべきですし、多分1年くらい病気も怪我もしないと予想する方は最低限の保障で良いでしょう。
海外は医療費が高く、生命に関わるような手術などは数千万円以上の高額な医療費がかかる場合はあるので、バランスを考慮して自己責任でご判断下さい。


pink-maple

ワーホリ保険パッケージとバラ掛け

プランは大きく分けて、「パッケージ(セット)」と「バラ掛け(単品)」というメニューがあります。


pink-maple

格安留学保険の節約メニューを作ろう!!

パッケージは料金が高い上に必要度が低い保障も入っているので、節約したい人はバラ掛けというオリジナルプランで組む方法があります。
一例ですが、私がした節約方法をご紹介します。

・自分が病気になった時に両親の航空券代を負担してもらえる保険
→そもそも自分が病気になるかも分からないし、親に看病してもらう必要ないから不必要と判断

・天候などより飛行機が飛ばなくなったとき
→ホテル代などかかりそうだが、確率が低そうなので、不必要と判断


pink-maple

ワーホリや語学留学で申し込むべき保険と必要度が低い保険

【保険を申し込むべき種類】
・治療・救援費用…1番重要です!!ケガや病気の時の保障など
・個人賠償責任…モノを壊してしまったり、火事を起こしてしまったときの保障など

【保険対象にしない候補】
・疾病死亡…病気にかかって死亡時の保障など
・傷害死亡…ケガにかかって死亡時の保障など
・航空機寄託手荷物遅延
・航空機遅延 …航空機が遅延、欠航時の保障など
・携行品/生活用動産…スーツケースやカメラなどが盗まれた場合や壊してしまった時の保障など。

こちらを参考にワーキングホリデーや留学に際して、自分オリジナルの格安留学保険パッケージを作りましょう。
※確率やリスクと保険料金を考慮して、自己責任でご判断下さい。



スポンサーリンク