カナダ・バンクーバーの格安留学を徹底的にサポートしています!!【 語学学校・ホームステイ 】

バンクーバーの住みやすいエリア、オススメ場所

vancouver-map

カナダのバンクーバーへ渡航するにあたり、ホームステイや寮に住む人以外はどこに住むかを自分で決めなくてはいけません。
各エリアについて解説していきます。

スポンサーリンク


pink-maple

ダウンタウン、ウエストエンド、イングリッシュベイ

留学生に1番人気のエリア。

語学学校がたくさんあるダウンタウンの中心街、スカイトレインのグランビル駅やシティセンター駅付近まで徒歩10分~20分で行くことができる。
家賃は高めだが、交通費の定期券(約1万円/月)を買わずに生活できるので、郊外と比べても少し高いくらいになります。

ダウンタウンというと、うるさそうなイメージがありますが、バンクーバーは落ち着いた街で、新宿渋谷六本木というよりは、吉祥寺や代官山に近いイメージ。メイン通りから1分も歩けば、とても静か。

日系スーパーのコンビニ屋が近いのも日本人には心強い所。ホームシックになったら、日本のお菓子やお弁当、調味料などを買うことが出来る。

イングリッシュベイ・スタンレーパークというビーチ沿いでは、海や夕日を眺めたり、読書をしたり、ランニングしたり、とても快適で気持ちが良いです。


pink-maple

チャイナタウン

ダウンタウンの東側エリア。スカイトレインのスタジアム・チャイナタウン駅付近。留学生はチャイナタウン内には住まずダウンタウンとチャイナタウンの間あたりに住む。
ダウンタウンの中心街まで徒歩5分~10分で行くことが出来る。
高級マンションであるコンドミニアム(コンド)が多く、家賃が高く、部屋が狭いことが多い。その分、ジムやジャグジー使い放題のオプションがある所も多い。
勉強に集中出来る中央図書館や中国系スーパーT&T、100円ショップ($2)のYokoyayaが近いなどとても便利。

最大のデメリットは、治安の良くないチャイナタウン、バンクーバーのスラム街/ホームレス街である、Hastings通りに隣接していること。


pink-maple

Nanaimo、29th Avenue、Joyce エリア

バンクーバーで2番目に人気のあるエリア。スカイトレインのNanaimo駅、29th Avenue駅、Joyce駅付近。
ダウンタウンの中心、Granville駅まで10分ほど、ドアトゥードアで約20分。
家賃は比較的安いが、定期代(約1万円/月)がかかる。閑静で部屋は広い。マンションは少なく、ホームステイやシェアハウスなどの一軒家が多い。

買い物が少し不便でNanaimo駅、29th Avenueは駅前にコンビニやジュースの自動販売機すらありません。ダウンタウンか、Commercial Broadway駅で途中下車して、スーパーやドラッグストアで買い物をする生活になると思います。

通学・通勤すると言っても、わずか20分ですからね、近い近い。家賃が比較的安めで、広めの部屋が欲しい人におすすめ。


pink-maple

King Edward、Oakridge 41st、Langara-49th エリア

バンクーバーで3番目に人気のあるエリア。スカイトレイン・カナダラインのKing Edward駅、Oakridge 41st駅、Langara 49th駅付近。
ダウンタウンの中心、City Center駅まで15分ほど、ドアトゥードアで約30分。

ダウンタウンとの距離は、Nanaimo、29th Avenue、Joyceエリアと同じような感じ。神奈川でも千葉でも埼玉でも変わらないのと同じで、好みの問題ですね。
しいて言えば、巨大チャイナタウンのリッチモンドがスカイトレインの終点であることと、Langaraにカレッジがあるので、中国系と大学生が多め。

家賃は比較的安いが、定期代(約1万円/月)がかかる。閑静で部屋は広い。マンションは少なく、ホームステイやシェアハウスなどの一軒家が多い。

Oakridge 41st駅前に大きなショッピングモールがある。


pink-maple

ノースバンクーバー

自然が豊富なエリア。ダウンタウンまでは、水上バス(約15分)で通う。
家賃は少し安めだが、かなり不便。ノースバンクーバー内は電車がないためバス移動になる。お店の数が少ない。たまに乗るのは楽しいが、ダウンタウンまで毎日水上バスに乗るのが面倒という不満はよく聞く。

かなりの自然好きがチャレンジするが、数ヶ月して、ダウンタウンに引っ越すケースがとても多い。
スノーボードやハイキング、つり橋観光など遊ぶにはとても良い所なので、訪れる場所として楽しむことをオススメします。


pink-maple

リッチモンド

バンクーバー国際空港を含む、中国系移民が多いエリア。
高級住宅街の1つ。ダウンタウンから遠く、家賃もダウンタウンからの距離を考慮すると高い。
スカイトレインのカナダライン沿いはそれなりに便利だが、離れた所だとバス移動になるので不便。
アバディーン駅付近にあるダイソーは日本人としてはありがたいお店。

地元の人からすると「リッチモンド=お金持ちの中国人が住む所」というイメージ。ほとんどの場所で英語は通じるが、中国語を話す人の方が多い。中国語しかない看板も多い。中華料理は美味しい。

よっぽど中華料理が好きか中国語を勉強している人以外には住むエリアとしては、あまりオススメしないです。


pink-maple

キツラノ

ダウンタウンの南側、バラードブリッジを越えたエリア。通称「キッツ」。
評判としては、オシャレな街という定評。スカイトレインはなく、バス移動になり少し不便。ダウンタウンからの所要時間は10分~30分ほど。

家賃は高くもなく安くもない。キツラノ北側に広がるキツラノビーチは、夏になると海水浴やビーチバレー、BBQなどで賑わう。
留学生が多く住む所ではないが、たまに住んでいる人がいる。


pink-maple

とにかく安い場所に住みたい人

スカイトレインの通っていないエリアは基本的に家賃が安い。
バンクーバーの地図で、スカイトレインが東と南に走っていますが、その間、マリンドライブ駅~22nd駅のちょうど真ん中あたりは、バス移動になるので、不便ですが家賃が安いです。
同様に、カナダラインより西側の奥の方に入っていくと安くなります。

それとスカイトレインの端っこのあたり、New Westminster、Braid、Lougheed駅あたりも家賃が安い。
日本で通勤・通学に慣れている人は郊外(ノースバンクーバー、リッチモンド、バーナビー、ニューウェストミンスター、コキトラム、サーレー、デルタなど)に住むのもアリかもしれません。バンクーバーは街が小さいので、神奈川千葉埼玉八王子から都心まで出るよりは近いところが多い。
一般的には、日本人留学生はそのあたりに住む人は少ない。
また家賃を安くしたいのならば、ダウンタウン近郊で、狭い部屋に住むという選択もありますね。


pink-maple

まとめとオススメ

定期券を買わずに生活できるので、ダウンタウンに住むのが1番良いと思います。ダウンタウンに気が進まない人は、Nanaimo、29th Avenue、JoyceエリアかKing Edward、Oakridge 41st、Langara-49thエリアをオススメします。


pink-maple

”無料”で海外旅行保険がついてくる楽天のクレジットカード

楽天カード は無料で海外旅行保険が付いてきます。
ケガや病気にかかっても、最大200万円まで保障してもらえます。

条件は、出発前の自宅〜空港への交通費を楽天カードで払うだけ。
お申し込みはこちらのバナーから簡単に出来ちゃいます。


スポンサーリンク