カナダ・バンクーバーの格安留学を徹底的にサポートしています!!【 語学学校・ホームステイ 】

カナダのワーホリ仕事の種類:人気ランキング!!

kind-part-time

ワーキングホリデーの醍醐味といえば、働いてお金を稼げること。
「バンクーバー留学・ワーホリ.com」が実際のワーホリ体験者から聞いた情報をもとに独断でランキング形式にて、分かりやすくお伝えしていきます。

スポンサーリンク


pink-maple

1位:日本食料理店で働く

「海外に行ってまで、日系の料理店で働きたくない・・・」という声は理解しますが、ワーホリ経験者が働いている職種で1番多いのは間違いなく日本食料理店。

通称ジャパレス。最大のメリットは何と言っても英語が苦手でも働けること。キッチンスタッフは日本語環境で働くことが出来る。
語学学校に行かずにカナダ到着後、すぐ働きたい人にオススメ。

サーバーと言われるホールスタッフは、お客さんであるカナダ人と接するので、英語を磨くことも可能。

サーバー、キッチンスタッフともに嬉しいのが、賄い(まかない)といって無料でご飯が食べられること。また海外ならではのチップがもらえる。定食屋やラーメン屋では少ない所が多いが、居酒屋系の所だと、たくさんもらえる。
詳しくはコチラ。
日本食レストランで働くと、かなりお金が貯まる!?
http://vancouverryuugaku.com/work-japanese-restaurant/

従業員同士の仲が良くサークルのようなお店もあれば、常連さんとのコミュニケーションが多く、プライベートで一緒に遊んだりするお店もある。
また韓国人や中国人経営のジャパレスも多く、給料不払いなどの噂も聞くので、注意が必要。


pink-maple

2位:カフェで働く

英語環境で働きたいという女性に人気のカフェの仕事。
コーヒーをつくるバリスタやレジを担当するキャッシャーなどがある。従業員やお客さんなど英語環境に染まることが出来るので、リアルな北米の生活が体験出来る。

コーヒーショップ以外にも、アイスクリーム屋さんやベーカリー(パン屋)、ドーナツ屋なども沢山あるので、色々とレジュメ(英文履歴書)を出して面接してもらいましょう。
ちなみにスターバックスでは、日本のスターバックスで働いていた人しか採用しないという噂がある。(実際に、筆者の周りでもスタバで働いていた人は日本のスタバで働いていた人しかいない。。。)

いずれにしても、経験者は重宝されるので、カナダのカフェで働きたくて、日本で準備が出来る人は、カフェのバイトをしておくと採用される可能性が高まると推測される。


pink-maple

3位:お土産屋さんで働く

お土産屋さんの販売員も英語環境の仕事として人気が高い。
バンクーバーでは、ロブソン通りやガスタウンに集中している。その他、リゾート地であるロッキーマウンテンのバンフなどで求人が多い。

チップがもらえないことと、オーナーがなぜかインド人や台湾人など移民系の人が多い。
お店によっては、時給に加えて、自分がセールスした金額の数%が歩合ボーナスのコミッションとしてもらえるお店がある。


pink-maple

4位:ホテルで働く

カナダは観光立国であり、バンクーバー市内やスキーの聖地ウィスラー、オーロラで有名なイエローナイフ、雄大な自然を持つロッキーマウンテン、イギリス文化を残したヴィクトリアなど、リゾート地での求人があります。

1番多いのは、ベッドメーキングの仕事。意外とハードワークで、けっこう腰が痛くなるらしい。チップは、時給に加えて1日で$10くらいはもらえる所が多い。

ベッドメーキング以外では、ホテル内にあるレストランや服屋、お土産屋さんで働くパターンもある。
リゾート地だと、ホテルのドミトリー(寮)に格安で入居出来たり、カナディアンのルームメイトと友達なったり出来る可能性が高い。

カナダのホテルで働く方法!!
http://vancouverryuugaku.com/work-at-hotel/


pink-maple

5位:洗車場で働く(短期バイトOK)

カナダ・バンクーバーで知る人ぞ知る洗車場のバイト。
バンクーバー国際空港近くのリッチモンドを中心に日本人経営の洗車場が数店舗ある。

最大のメリットは、『短期OK』ということ!!
通常、ワーホリの場合は、6ヶ月以上ビザが残っていないとバイト先が見つからないことが多いが、洗車場は短期でも受け入れてくれる。男女OKで、土日のみなども交渉次第でOK。

但し、肉体労働なので、かなり疲れるらしい。
体力がある人、英語が苦手な人、ダブルワークしたい人、短期で働きたい人にオススメ。


pink-maple

6位:服屋さんで働く

高い人気を誇るが、求人数が少なく、日本人にはかなり狭き門である。
しかし日本人のワーホリでも、運良く仕事をゲットした人もいるので、オシャレに興味がある人は挑戦する価値は0ではない。
筆者の友人などの情報によると、アウトドアブランドは比較的、採用されやすいとのこと。

カナダのアパレル・服屋で働きたい人へ仕事の探し方を伝授!!
http://vancouverryuugaku.com/work-at-apparel-shop/


pink-maple

7位:日系の情報誌やウェブサイトで働く

バンクーバーには、「バンクーバー新報」「Oops!」「Loopp」などのカナダ在住の日本人向け情報誌やウェブサイトがあります。

ここでは、定期的にデザイナーや編集ライターを募集しています。
イラストレーターなどを使いこなせる美大や専門学校生、文章を書くことに自信がある人は挑戦してみてはいかがでしょうか。


pink-maple

8位:キャバクラで働く

アメリカやカナダでは、キャバクラという文化はありませんが、カナダ・バンクーバーには日系のキャバクラがあります。
女性スタッフはお話の相手、男性スタッフは、ボーイ業務。
客層は日系の会社が接待で使用したり、アジア人好きのカナディアンなどが多いという。
ハリウッドノース: http://www.clubhollywoodnorth.com
(※ 全て自己責任で働くか否かをご判断ください。)


pink-maple

9位:ガーデニングスタッフ・庭師として働く

肉体労働です。労働ビザがなくてもアンダーグラウンドで働くことが出来る会社もあるそうです。
※違法ですので、当サイトとしてはワーキングホリデービザの習得など合法的に働くことを推奨しております。


pink-maple

10位:フルーツのピッキング

バンクーバーより車で東に行くとKelowna(ケロウナ)という街があります。フルーツで有名な街で、果樹園やワイナリーなどが多い地域です。
ここでは、収穫の繁忙期に、フルーツのピッキングスタッフの募集があります。
かなり稼げるという噂ですが、情報が少ないためか、日本人ではあまりやる人は多くありません。


pink-maple

まとめ

どの職種でも大体、ブリティッシュ・コロンビア州の最低時給である$10.25(liquor serverという居酒屋スタッフは$9.00)がほとんど。
後は英語環境で働きたいのか、賄いやチップが欲しいのか、という基準を自分で作って職探しを考えると良いでしょう。



スポンサーリンク