カナダ・バンクーバーの格安留学を徹底的にサポートしています!!【 語学学校・ホームステイ 】

住民票や健康保険手続き、カナダワーホリや語学留学前に役所へ

住民票を抜く

色々と面倒くさそうな手続きが多い、ワーキングホリデーや留学の準備。 住民票や健康保険って「THE手続き」って感じで大変そう…1年以上滞在する人向けの徹底解説。

スポンサーリンク


pink-maple

住民票は抜いて、海外在住にする

お住まいの役所で国外転出届けを提出をすると、海外に住んでいる間は住民税を払わなくてよくなります。
また国民健康保険や国民年金の毎月の料金を払わなくてよくなりますのでこちらも合わせて手続きしちゃいましょう。

(例)渋谷区役所の国外転出届け
※詳しい手続きはご自分のお住まいの役所にご確認ください。


pink-maple

国民健康保険は脱退する

住民票を抜いた人は国民健康保険に加入することは出来ず、脱退しなければなりません。
住民票を抜かずに住民税を払い続ける人は、健康保険にも加入しつづけなければなりません。一応海外も保険の適応内でカナダでは自腹で立替え、帰国後に後払いになりますが治療などの健康保険負担分は、帰国後に所定の手続きを通すと受け取ることが出来ます。
ほとんどの留学生やワーキングホリデーに行く人(恐らく99%以上)は、国民健康保険を脱退し、民間の海外旅行保険や海外留学保険に加入してします。

(例)渋谷区役所の国民権保険脱退の届け
※詳しい手続きはご自分のお住まいの役所にご確認ください。


民間の海外旅行保険や海外留学保険の解説コラムはこちらから
海外留学保険・海外旅行保険の安いプランの選び方



スポンサーリンク