カナダ・バンクーバーの格安留学を徹底的にサポートしています!!【 語学学校・ホームステイ 】

バンクーバーの日本人が少ない語学学校に行きたい人必見!!

日本人が少ない語学学校

「せっかくカナダに行くのに、日本人と付き合いたくない」「ガッツリ英語を勉強したい」という人へ向けて、日本人が少ないカナダの語学学校(ESL)へ行く方法をご紹介。

スポンサーリンク


pink-maple

留学エージェントのパンフレットやHPは当てにならない

まず注意点ですが、各学校や留学エージェントがパンフレットやホームページで出している、日本人比率○○%といった情報はあまり当てにならないので、あくまで参考程度にとどめましょう。


pink-maple

語学学校の日本人比率を自分の目で見てから決める理由1

夏休みに日本人大学生が大量に語学学校へ入学することがあります。
例えば「6月頃のデータを見て日本人が少なかったから学校を決めたけど、8月にカナダに行って入学すると日本人ばかりだった…」というようなことがあります。


pink-maple

語学学校の日本人比率を自分の目で見てから決める理由2

語学学校(ESL)の日本人比率は、時期によって波があります。
例えばA校に日本人が多くてB校に少ないとすると、B校に日本人の申し込みが殺到します。時が経つと、日本人が多くなるB校を避けて日本人の少なくなったA校に申し込みが殺到します。
この事例のように、どの語学学校が日本人が少ないというよりも、時期によって変わってくる傾向があります。


pink-maple

日本人の少ない学校は見学・体験授業で見極めよう!!

見学・体験授業を受けて、実際に自分の目で見て、自分の英語の学校を決めてください!!
学生ビザを習得する方は、出発前に学校を決めないとビザが取れませんが、ワーキングホリデービザと観光ビザ(ビジタービザ/ビザなし)の方は、
出発前に申請の必要が無く、バンクーバーに到着してから学校を決めることが出来ます

実際に学校の校舎に入って、教室や廊下に、日本人が多いか少ないか、アジア人が多いか少ないかなど、見ることが出来れば、間違いないですよね。
留学エージェントを利用されている方で、出発前から語学学校の決定を求めてきたら「このエージェント大丈夫かな?」と警戒しましょう!!



スポンサーリンク