カナダ・バンクーバーの格安留学を徹底的にサポートしています!!【 語学学校・ホームステイ 】

カナダのワーキングホリデーでは日本語禁止の語学学校へ留学がオススメ!!

english-only

せっかく海外カナダに行ってまで、日本語を使いたくない!!
そんな人にオススメなのが、英語以外使用禁止(English Only Policy)の語学学校

スポンサーリンク


pink-maple

English Only Policy(英語以外使用禁止)の学校に行く

みんな同じような希望を持っているので、日本人が全くいない学校というのは現実的に難しいです。但し、少しでも英語環境へ近づけましょう。
直接、日本人が多い少ないにはつながりませんが、バンクーバーにはたくさんのEnglish Only Policy(英語以外使用禁止)の学校があります。

壁のあちこちに”English Only”という注意書きが張ってあり、もし日本語を休み時間に話しているのを見つかると注意や退学となる場合も。


pink-maple

英語が話せない人でもOK

日本語禁止と言っても、クラスや廊下が対象で、スタッフルームは日本語OK。
困ったことや分からないことは、遠慮なく日本人カウンセラーに日本語で相談できる学校が多いです。

最初は全く英語が分からなくても、「ハングリー?」「レッツゴー、マクドナルド」「ハンバーガー、デリシャス」みたいな形から、少しずつレベアップしていけば問題ありません。 そのための学校ですしね!
とにかく強制的に英語環境に身を置くことにより、日本人とずっと一緒にいる人とは1年後に大きく英語力は差がついているはずです!!


pink-maple

日本語使用禁止の学校はモチベーションの高い人が多い

English Only Policyの学校に入学してくるということは、遊び目的ではなく、しっかりと英語を勉強したいという意識モチベーションが高い人が多いので、
同じ日本人でもそういう人と仲良くすることは決して悪いことではありません。文法などは日本語で説明してもらった方が分かりやすいこともあったりしますよ。
放課後になっても日本人同士でも英語で話すように心掛けてみると良いと思います。
バンクーバー留学・ワーホリ.comでは、留学サポートの際に「日本語禁止の学校が希望」と言ってもらえましたら、
English Only Policyの語学学校に体験授業の申込み、入学手続きを行っています。



スポンサーリンク