カナダ・バンクーバーの格安留学を徹底的にサポートしています!!【 語学学校・ホームステイ 】

カナダで大学付属の語学学校の英語コースはダメ!費用が高い!!

大学付属の語学学校には通うな!!

大学付属の語学学校とは、北米の大学で短期コースとして、英語を教えるプログラムがあり、part-timeやextentionなどと呼ばれています。

スポンサーリンク


pink-maple

大学付属の語学学校の実態

大学付属というと一見「何か教育レベルも高そうで何か良さそうじゃん」と思ってしまいそうですが、要注意!
実態は「料金高くて、ダウンタウンから遠くて、入る時期限られて、大学生のとの絡みもほとんどない」というのがリアルです。特別な理由がなければ避けましょう。

表向きは誰でもウェルカムということになっていますが、実質的には、大学に入学予定であるが、英語の試験の点数が足りず大学に入れなかった人が半強制的に通うのが、大学付属の語学学校。
メリットは私立の語学学校よりも、日本人比率が下がるが、とはいえアジア人がメインです。

最大のデメリットは授業料金も倍以上であることが多い。
同じ予算を使うならば『私立の語学学校に2倍の期間通う』か、『語学学校+英会話クラブなどのダブルスクール』をした方がはるかに良いです。


pink-maple

大学には遊びで行くことが可能!!

大学付属の語学学校に通わずとも、遊びでキャンパスに立ち寄ることやお友達が出来たら案内してもらうことも出来ますよ。
友人の学生寮でパーティをしたり、グラウンドでサッカーをしたり、サークルやクラブに入っている人もいます。

SFU(Simon Fraser Universiry)はアジア人が多いため、お友達が出来やすいです。
またUBC(University of British Columbia)は日本の立命館大学と提携しており交換留学生が多く、日本人のお友達経由でカナダ人のUBC生と友達になることが多いです。

ということで、まずはホームパーティなどに顔を出してお友達の輪を少しずつ増やしつつ、バンクーバーのダウンタウンにある私立の語学学校で英語を学ぶのがオススメです!!



スポンサーリンク