カナダ・バンクーバーの格安留学を徹底的にサポートしています!!【 語学学校・ホームステイ 】

どれくらいの英語力で、カナダのワーホリってアルバイト出来るのよ!?

カナダでアルバイト

ワーキングホリデー最大の魅力は働いて給料を受け取り、予算の足しに出来ること。
とはいえ、当然ある程度の英語力は必要であり、「どれくらい英語が出来れば、どういう仕事にありつけるのか」説明していきます。

スポンサーリンク


pink-maple

語学学校期間と働く先の目安

語学学校1ヶ月: 日系レストランの皿洗い・キッチンスタッフ
語学学校3ヶ月: 日系レストランの接客サーバー
語学学校6ヶ月: 現地のカフェやチェーン店へ挑戦


pink-maple

留学出発前に日本で英語を頑張っている人

日本の英会話教室とカナダの語学学校はレベルや勉強量が違うので、日本で定期的に勉強していても、残念ながらそのまま代わりにはならない場合が多い。日本で英語がマスターできたら、わざわざカナダに行く必要もないですよね?

日本で週に数回数時間オンライン英会話や英会話教室に通っても中々英語力が伸びないが、
カナダでは週5日で朝から午後までミッチリとネイティブ英語環境に触れ、宿題や課題も沢山出て、放課後も外国人の友達と遊びながら英語で会話し、常に英語環境が実現できる。
日本でコツコツやった半年や1年分が、カナダでの英語勉強の上達レベルは著しく、1ヶ月くらいで追い抜くことになる。それだけ、英語圏のカナダで英語を勉強するということは価値がある
なので、日本での英語勉強期間は単純にカナダ語学学校期間の代わりにはなりません。

とはいえ、基礎が出来ていると言うことは重要なので、語学学校通学期間は、英語力ゼロの人と比べれば、自信がある人は半分の期間くらいでも大丈夫でしょう!


pink-maple

TOEICを持っていても、北アメリカじゃ使いものにならない

実際に留学やワーキングホリデーを経験すると身をもって体感することになるが、TOEIC高スコアを持っていても、英語を話せるわけではない。
「TOEICは就職のためのツール」と割り切ろう。

前項目と同じですが、英語の基礎を押さえているのは強み。頑張ってTOIECを勉強したことも無駄にはならない
語学学校通学期間は、日本で全くやっていなかった人の半分くらいの期間でも良いでしょう!



スポンサーリンク