カナダ・バンクーバーの格安留学を徹底的にサポートしています!!【 語学学校・ホームステイ 】

ワーホリの予算って1ヶ月/1年でどれくらいかかる??カナダ編

budget-modelplan

ワーキングホリデーの準備をしているけれども、どれくらいの予算が必要なのか知りたい。そんな人にモデルプランをお伝えします。

スポンサーリンク


pink-maple

初期費用

ワーキングホリデープログラム参加費: $150(約1.5万円)
航空券(日本→カナダ片道航空券): $700-$1000(7万円~10万円)
保険: $500-$1500(5万円~15万円)

保険は、補償額が大きければ大きいほど値段が上がります。大事故や病気にかかった時のことを考えるならば高い料金で手厚い保障を、多分病院にはお世話にならないなと思う人は最低限のプランにしましょう。


pink-maple

毎月の生活費

家賃: $350-$1000(3.5万円~10万円)
食費(自炊): $100-$300(1万円~3万円)
携帯電話: $0-$100(0万円~1万円)
交通費: $0-$100(0万円~1万円)

家賃はピンきり。ベッドしか入らないような部屋(通称:デン)や郊外など$350で住める部屋もあれば、ジャグジー、ジム付きの高級マンション・コンドミニアム(通称:コンド)に住むかで変わってきます。
ホームステイは$700-$1200が相場で少し割り高になります。

食費は自炊をする想定。飲みに行ったりすれば当然、予算が上がります。

携帯電話は、ガラケーやスマートフォンにするか、インターネット(3GやLTE)をつけるかどうかによります。カナダではWi-Fiが発達しているので、ネット接続がなくてもそんなに困りません。(家か学校かバイト先かカフェにいる時間が多いため。)

交通費は、ダウンタウンに住んでいる人は、ダウンタウン内は徒歩圏なのでほとんどかかりません。郊外に住んでいる人は、約1万円の定期券(同じゾーン内は電車・バス乗り放題)を購入することになります。


pink-maple

学校の費用

語学学校: 1ヶ月 $1000(約10万円)
専門学校: 1ヶ月 $2000- (約20万円~)

語学学校の1ヶ月の目安は、約10万円。他は削っても学校はしっかり行っておくべきだと思います。あくまで目安ですが、日本食レストランで働きたい人は3ヶ月、地元のカフェなどで働きたい人は6ヶ月行く人が多いです。

専門学校は、多くの学校が1ヶ月約20万円以上かかる。期間は3ヶ月~2年のプランなどコースや学校によって様々。
ビジネスの専門学校や旅行関係に強い専門学校、デザインやウェブサイト制作を学べる専門学校、映画やアニメ製作の専門学校、クッキングの専門学校など、数多くの学校があり選択肢の幅は広い。


pink-maple

アルバイトや仕事でゲットできる金額

アルバイトの収入: 1ヶ月 $0-$3000(約0万円~約30万円)

バンクーバーを含むBritish Columbia州の最低時給は$10.25、The liquor server(パブ・居酒屋などのウェイトレス・ウェイター)が$9.00。(2013.9.24現在)

カナダは物価が少し高いですが、時給も高いです。
日本人には馴染みの薄いチップ、しかしこれが大きな収入源になります。給料にプラスで1日で1万円以上もらえることもあります。但し、ファーストフード店や接客業以外ではチップは支払われないバイト先が多い。

何を求めるかは人それぞれ!!
お金ではなく英語環境を求めて、地元のカフェやレストランで働くのもアリ。とにかくお金を稼ぎたい人は、日系の居酒屋で働きましょう。
日本食レストランで働くと、かなりお金が貯まる!?
http://vancouverryuugaku.com/work-japanese-restaurant/


pink-maple

予算の足しになる収入

スノーボードセット売却: $100-$200(約1万円~約2万円)
自転車売却: $50-200(約0.5万円~約2万円)
携帯電話売却: $10-200(約0.1万円~約2万円)

意外と知られていないが、Jp Canadaというサイトや当ウェブサイトと提携しているGo To Vanラウンジなどで帰国前に、カナダで買ったけど日本に持って帰らないモノを売ることが出来る。

スノーボードや携帯電話、自転車など、1万円以上で売れるものも多い。
ここに挙げているだけでも合わせて5万円くらいはゲットして帰れるので、けっこうデカイですよ。服や参考書、調味料などを売ってから帰国する人もいます。

逆に、渡航したばかりの時に、中古商品を購入することによって節約もできる。


pink-maple

1年間の予算のシュミレーション

初期費用:14万円(プログラム参加費、片道航空券、保険)
1ヶ月の家賃と生活費:7万円×12 = 84万円
語学学校を6ヶ月:10万円×6 = 60万円
▲働いて稼ぐお金6ヶ月:20万円×6 = 120万円
帰国の片道航空券: 7万円

合計 45万円

あら~安いですね。語学学校を3ヶ月に少なくしてその分さらに働くことにしたら、計算上は逆に45万貯金つくって帰国することが出来ます。

あくまでモデルプランなので、ここからやりたいことを積み上げてみてください。
旅行は考慮していないので、オーロラやナイアガラに行きたい人などはその分も必要になります。 学校終了後に、すぐに働く前提になっていますが、そんなにタイミングよくバイト先がみつかるとも限りません。 飲み会代も考慮していないので、その分もっと費用が必要になってきます。

お金がないからパーティに行かない、旅行に行かない、ということもサミシイですから、
いずれにしても、予算には余裕を持って渡航しましょう!!



スポンサーリンク