カナダ・バンクーバーの格安留学を徹底的にサポートしています!!【 語学学校・ホームステイ 】

オーストラリアとカナダのワーホリって、どっちがいいの??

aus_vs_canada

ワーホリに興味がある人にとっての悩みどころ。オーストラリアとカナダのワーホリの違いを比較してみました。

スポンサーリンク


pink-maple

気候

オーストラリアの勝ち。

オーストラリアもカナダも国土が広いので、一口では言えませんが、気候ではオーストラリアに軍配が上がるでしょう。
オーストラリアのケアンズ/ブリスベン/ゴールドコーストでは、冬でも平均気温が20℃と1年を通して温暖

カナダは寒い国であるというイメージがありますが、多くの人が留学するであろうバンクーバー/トロントはカナダ最南端エリア、ほぼアメリカとの国境にあり、そこまで寒くはありません

また北国ということで、スキー場まで電車や路線バス利用によって1時間程で行けたり、オーロラが見れたりというメリットもあります。
私自身は、-30℃のロッキー山脈のホテルで働いていた時にも、あまり寒さは感じませんでした。自然に囲まれているためか、むしろ空気が澄んでいて気持ち良かったですね。東京のビル風の方がよっぽど寒くてツライです。
夏は暖かくビーチもあります。海水浴をしている人もいますが、どちらかと言うと日光浴をしたり読書をしたりする人が多いです。


pink-maple

英語学習

カナダの勝ち。

オーストラリア最大のデメリットは英語の訛り。ワーホリの大きなウェイトを占める英語学習でこれは考慮しければならない要素ですね。
一般的に、間違ったやり方をしている人に間違ったやり方を教えられたら、間違ったまま覚えてしまいますよね。極論ですが、「1」は「三」と漢数字で書くんだよと先生に教わったらそのまま覚えてしまいますよね。(※オーストラリアの英語が間違っているとは言いません。)
現在の世界の主流はアメリカ英語。
イギリス人でさえ、どんどんアメリカ英語化されてきて、問題になっているくらいです。オーストラリアの英語は古いイギリス英語がさらに崩れている形なので、世界標準とされるアメリカ英語とは距離があります。
とはいえ「どうせ第2言語だし気にしなくていい」という人もいますし、日本でも関西弁や沖縄弁が個性があって良いという人もいるわけですし、人それぞれではないでしょうか。

一方、カナダはアメリカの州と言っても良い程、文化が近いです。映画もみんなハリウッド映画を観ているような状態なので、アメリカ英語が自然に溶け込んでいます。
大都市が西海岸と東海岸に集中しているので、むしろアメリカよりもクリアな英語が勉強できます
私がロサンゼルスからバンクーバーに移った時には、「カナダ人は何てキレイな発音」なんだと思いました。
西海岸のバンクーバーはシアトル/ロサンゼルスに近い、東海岸のトロントはニューヨークに近い英語と覚えておくと良いと思います。
西海岸の英語の方が聞き取りやすいので、個人的には西海岸をオススメします。


pink-maple

差別

カナダの勝ち。

皆さんにはあまり馴染みがない言葉だと思いますが、きれいごとではなく差別はまだ存在しています。
カナダはほとんどないですね。特にバンクーバーはロサンゼルス/シアトルと並んで、北米の玄関と言われるほど、アジア人も多く、アジア人の地位が確立されています。

オーストラリアでは未だに、アジア人への差別があるという話をちょこちょこ耳にします。白人至上主義。
道でつばをかけられりたり、追いかけまわされたり、レジで冷たい対応をされたりといった話です。私の直接の友人の話ですが、道で生玉子を投げつけられたという話を聞いたことがあります。


pink-maple

物価

オーストラリアの勝ち。

オーストラリアは日本より少し安く、カナダは日本より少し高いです。
消費税はほとんど変わりません。スーパーの食料品には消費税はかからず、レストランやモノを買ったときに約10%かかる。オーストラリア10%、 バンクーバー(B.C.州)12%、トロント(オンタリオ州)13%となっています。


pink-maple

治安

カナダの勝ち。

オーストラリアは、世界基準で考えると安全な国といわれています。
それでもカナダは別格です。「海外なのに夜でも女性が1人で歩ける国」これ相当珍しいです。
データなどでは、カナダは日本より安全というケースもありますが、個人的にはそこまでとは思いません。確かに大事件は少ないかもしれないが、置き引きなどの話はたまに聞きます。
いずれにしても海外なので要注意!!


pink-maple

ビザ

オーストラリアの判定勝ち。

2年のプランだとオーストラリアの方がわずかに良いかなと思います。1年だったらビザ面ではカナダもオーストラリアもほとんど変わらないです。

2カ国ともワーキングホリデーが可能。どちらも人数制限があり以前は先着順などであったが、近年は毎年人数に達成していないので、原則的に2ヶ国とも希望者全員が渡航可能。

オーストラリアのワーホリの特徴は、政府指定の地域で3ヶ月間以上の労働をする事で2年目のワーキングホリデーのビザを取得する事が出来るコト。ファームと言われる農場が多い。内容は当たり外れがあるが、多くが過酷な肉体労働という評判。
とはいえ、海外で2年間働けるビザをゲット出来るということは貴重です。

カナダのワーホリは、1年のみです。
但し、学校に行くことによって、学校に行った分だけ働けるCoopビザというワークビザをゲットすることが出来る。
プラン次第で、1年ワーホリをして、学生ビザかビジタービザに切り替え6ヶ月学校に行く、6ヶ月Coopビザで働くといったプランニングも可能。
オーストラリアのように2年間働き続けることは出来ないが、2年で最大1年半働けるような計画もプラン次第で可能です。


pink-maple

発展・暮らしやすさ

カナダの判定勝ち。

カナダは、世界の先進8カ国で構成されているG8加盟国。携帯会社のブラックベリーはカナダの企業。またアメリカとは陸続きで文化が近いため、マクドナルド・ウォルマート・コストコ・H&M・GAPなどが進出している。
涼しい国なので、ゴキブリが全然いない蚊もあまりいない

オーストラリアは急速に経済が発展中。そういった意味でビジネスチャンスは多いかもしれません。都市部は発展しているが、地方はまだまだ田舎。さらに都市部でも普通に毒グモやトカゲやヤモリがいるとか。
オーストラリアは温暖なためゴキブリが大きいらしい。

世界で最も住みやすい都市ランキングでは、1位がカナダのバンクーバー。トップ10のうち、カナダ3都市/オーストラリア4都市なので、世界基準で2カ国とも非常に住みやすいといえます。

1位.バンクーバー(カナダ)
2位.メルボルン(オーストラリア)
4位.トロント(カナダ)
5位.カルガリー(カナダ)
7位.シドニー(オーストラリア)
8位.パース(オーストラリア)
9位.アデレード(オーストラリア)


pink-maple

観光

カナダの勝ち。

オーストラリアの有名な観光地はエアーズロック・グレートーバリアリーフ。この2つは素晴らしい!!他にはあまり有名な名所なく、広大な自然を楽しめる人にオススメ。
オーストラリアを一周/ラウンドトリップをするバックパッカーも多い。

カナダはとにかく色々行ける所があることが魅力。
バンクーバーの近くでは、スキーの聖地ウィスラー/イギリス/アフタヌーンティーのおもかげを強く残すヴィクトリア、自然が豊富なノースバンクーバー、は日帰り旅行可能。
またオーロラが見れるイエローナイフや雪景色の綺麗なロッキーマウンテン、トロント近くのナイアガラの滝は世界的に有名。赤毛のアンが誕生した場所・プリンスエドワード島もあります。

またアメリカが近いので、選択の幅がさらに広がる。
バンクーバーからシアトル、トロントからニューヨーク、は日帰り/1泊旅行でも十分楽しめる距離。
さらに日本から行くよりはるかに安いという理由で、ロサンゼルス/サンフランシスコ/ラスベガス/ニューヨークなどに行く人も多い。特にカリフォルニアとフロリダのディズニーランドは女性に人気。男性にはメジャーリーグの観戦が人気。またメキシコや南米に行く人もいます。


pink-maple

まとめ

英語学習に重点を置くならカナダ。
温暖な気候に重点を置くならオーストラリア。
後は個人の好みや重視するポイントによって、どちらの国でワーキングホリデーをするか決めたら良いと思います。


pink-maple

”無料”で海外旅行保険がついてくる楽天のクレジットカード

楽天カード は無料で海外旅行保険が付いてきます。
ケガや病気にかかっても、最大200万円まで保障してもらえます。

条件は、出発前の自宅〜空港への交通費を楽天カードで払うだけ。
お申し込みはこちらのバナーから簡単に出来ちゃいます。


スポンサーリンク