カナダ・バンクーバーの格安留学を徹底的にサポートしています!!【 語学学校・ホームステイ 】

アメリカはワーホリがないから格安費用でカナダの語学学校へ

america-workingholiday

世界一メジャーな国アメリカ。せっかくワーホリに行くなら、ニューヨークやロサンゼルスに行ってみたいですよね。
しかし残念ながら、アメリカにはワーキングホリデー制度はないので、文化が近いカナダに行きましょう!!

スポンサーリンク


pink-maple

カナダのワーホリならアメリカ留学とほぼ同じ生活が可能

カナダはアメリカ51番目の州と言われるほど、アメリカ文化を共有しています。
言語は同じ英語、娯楽はハリウッド映画を楽しみ、洋楽ではジャスティン・ビーバーやアヴリル・ラヴィーンはカナダ出身。
道路は広く、道は碁盤の目、ストリートの名前はBroadwayやGeorgiaと、北米ならアメリカでもカナダでも、どこの街でも大体同じです。

カナダからアメリカへ毎週のように旅行に行くことも可能。距離でも『バンクーバー~シアトル間はバスで数時間』と、とっても近いのです。


pink-maple

カナダとアメリカはお店も同じ

日本人でも聞いたことがあるような、アメリカのお店。本場で行ってみたいですよねっ!
同じ北米ということで、カナダに行くことで、アメリカと同じショッピング体験をすることが可能なのです。 総合スーパーでは、ウォルマートやコストコ(アメリカとカナダではコスコと発音します)。
ファーストフードは、マクドナルドやバーガーキングやスターバックス。
服屋はH&Mや、アバクロ、GAP。
家電ならば、Best BuyやTarget。
アメリカ人もカナダ人もまったく同じお店で買い物していることが多いのです。カナダでも美味しくなさそうなカラフルのアメリカンなドーナツなども食べれますよ(笑)


pink-maple

カナダとアメリカの違う所は?

カナダとアメリカは同じです同じですと言っても、しいて言えば違う所も。
東日本と西日本ほどではありませんが、東京と神奈川、大阪と京都くらいの違いはあります。
よくカナダ人はアメリカ人よりも親切で繊細だと言われています。日本人からカナダ人を見ると、『マイルドなアメリカ人』という感じで付き合いやすい人が多いです。
カナダは街がキレイだったり、治安が良かったりします。拳銃も違法です。一般的にはカナダの方が、差別も圧倒的に少ないので、日本人にとっては住みやすいです。
反対にアメリカは街が汚く臭い都市も多く、治安的にもゲットーと言われるスラム街やホームレスがたむろしているエリアが沢山あります。

ワーキングホリデーがなくてアメリカ留学を断念した方は、ぜひカナダへのワーホリや語学留学を検討してみてください!!



スポンサーリンク